NEWS / REPORT

2016 冬の定期講習会活動報告

1月26日(火)日清製粉株式会社様の加工技術センターにて2016 冬の定期講習会を開催致しました。
講師に株式会社ドンク 顧問 仁瓶 利夫 氏をお招きし、翌日にアルティザンブーランジェコンクールの予選が行われることもあり、スペシャルゲストとしてブロートハイムの明石氏、日仏商事の西田氏にもご参加頂きました。


【講習内容】

Pain de Campagne
パン・ド・カンパーニュ
Les petits pain gastronomiques
レ・プティ・パン・ガストロノミック
Pain de mie
パン・ド・ミ


会場に入ると前日に焼き上げられたパンがディスプレイされていました。
Pain au levain

Les petits pain gastronomiques


Pain de Campagne
リスドオルのパン・ド・ミ
さとのそらのパン・ド・ミ


1930年代製法のBaguette


無発酵パン



日清製粉様より開催のご挨拶

講習会の様子
  

レ・プティ・パン・ガストロノミックの成形


明石シェフによるパン・ド・ミの成形


横山製粉様よりデモンストレーション用の石臼で
石臼挽全粒粉のご紹介を頂きました


お昼には仁瓶シェフが焼き上げたパン・オ・ルヴァン、パン・リュスティック、バゲット等のパンでランチタイム
 

たくさんの文献や経験から学ばれている仁瓶氏のお話は時代の背景まで深く掘り下げて説明してくださるので、宛ら歴史の授業のように感じる事があります。
歴史とその背景を知る事、言葉の意味を正しく理解する事など、パンの製法を学ぶ他にも学ばなければならない事がたくさんあると改めて気付かされました。


パン・ド・カンパーニュ
レ・プティ・パン・ガストロノミック
リスドオルのパン・ド・ミ
 
パン・オ・ルヴァン



講習会の後は同会場で焼きあがったパンを囲んで懇親会を行いました


この場をお借りして講師をお勤め頂きました仁瓶 利夫氏、
ご参加頂きました明石氏、西田氏、会員の皆さまに御礼を申し上げます。