NEWS / REPORT

2017 冬の定期講習会のご案内

2017年度最初の講習会はアルティザンブーランジェコンクールのファイナリストであります、マンダリンオリエンタル東京の大橋さんとドンクの澤渡さんを講師にお迎えして開催致します。

【講習会】

日時 2017年1月24日(火)9:00~17:00

会場 日清製粉㈱加工技術センター
   札幌市東区北18条東20丁目1-10
   大和産業㈱札幌支店1F  

※会場には駐車場がございません。ご不便をお掛け致しますが、お越しの際は、公共交通機関等をご利用頂きますようお願い申し上げます。


講師 マンダリンオリエンタル東京 大橋 哲雄氏
   株式会社ドンク       澤渡 祐介氏

内容 パン・ド・カンパーニュ
   パネトーネ
   バゲッド

【懇親会】

日時  17:30~18:30
会場  同会場

【会 費】

会費は以下の通りです。
2017年度(2017年1月~12月分)の年会費も合わせてお振込いただきますよう宜しくお願いします。

       個人・法人会員    賛助会員        非会員  
講習会費  ¥4,000 / 1人 ¥4,000 / 1人 ¥12,000 / 1人
懇親会費 ¥2,000 / 1人 ¥2,000 / 1人 ¥2,000  / 1人
年会費 ¥6,000 / 1人   ¥12,000 / 1社    ー
   

2016 春の特別講習会活動報告

2016 春の特別講習会は「パン・ド・ロデヴ普及委員会」様との
コラボ企画として

パン・ド・ロデヴ in 北海道
「技術講習会」および「食べて楽しむ会」を開催致しました。
「パン・ド・ロデヴ普及委員会」初の北海道開催という事もあり、
兵庫県、愛知県、群馬県からと遠方より多くの皆さまにご参加頂きました。

第一部の技術講習会では
講師に「パン・ド・ロデヴ普及委員会」技術顧問
株式会社ドンク 顧問  仁瓶 利夫 氏 
ベッカライブロートハイム オーナーシェフ  明石 克彦 氏をお迎えし
忍路のエグヴィヴさんを会場にお借りして行われました。
【講習内容】
仁瓶氏
Pain de Campagne
パン・ド・カンパーニュ
Pain rustique
パン リュスティック
Pain au Levain
パン・オ・ルヴァン
1930年代のバゲット
明石氏
Pain de Lodeve
パン・ド・ロデヴ
Pain de Lodeve au Fruit
パン・ド・ロデヴ・オ・フリュイ
RoggenSchrot Brot
ロッゲンシュロット ブロート
Sandkuchen
ザントクーヘン

前日の雨も止み、講習会当日はとても気持ちのよい、
初夏のお天気に恵まれました。
 
パン・ド・ロデヴ普及委員会
代表理事 松成 容子 様よりご挨拶
技術講習会の様子
                    
ランチタイム

ランチのメニューは
焼きあがったパンにビシソワーズ、ラタトゥイユ、
サラダ、タプナードにチーズ工房アドナイのリコッタチーズ






ロデヴ窯入れ





第二部「食べて楽しむ会」は場所を移動し
忍路臨海実験所にて開催致しました。


南フランス ラングドック地方のロデヴに合わせて同じ地域で生まれたワイン
同じくラングドック地方やピレネー地方の名物料理カスレ
その他グラタン・ドフィノワ、サーモンリエット、タプナードにラタトゥイユ
サラダにピクルスとロデヴを美味しく食べる為のお料理が並びました。
講師の仁瓶氏、明石氏より技術講習会で焼きあがったパンの説明を伺いながら
40名を超える参加者の皆さまとの交流を楽しむことができました。  
会の後半では、bi.ble ビブレ 北瑛小麦の丘 美瑛料理塾 講師 斉藤 壽さんと講師のお二人による
トークセッションが実現するというサプライズ
ロデヴの町のお話やお料理のお話・・・
時を忘れて聞き入ってしまうひと時でした。
デザートにはロデヴを使ったフレンチトーストに
講習会で焼き上げた明石シェフのザントクーヘン




「食べて楽しむ会」終了後、宿泊組みは引き続き
パン談義で夜は更けて・・・



前日の仕込みからご指導頂いた講師の仁瓶シェフ、明石シェフ

このような素晴らしい会を開催する機会を頂いた、
パン・ド・ロデヴ普及委員会 松成様、事務局の塚本様

遠方よりご参加頂いた皆様及び全てのご参加頂いた皆様へ
この場をお借りしお礼申し上げます。

2016 春の特別講習会のご案内

2016 春の特別講習会は「パン・ド・ロデヴ普及委員会」様との
コラボ企画が実現いたします!


パン・ド・ロデヴ in 北海道
「技術講習会」および「食べて楽しむ会」のご案内です。

第一部 技術講習会

<会員限定 定員20名 他にロデヴ委員会より5名>
N43゜及びロデヴ普及委員会の会員限定
ただし、人数に限りがあるため、今回はべーカリー優先とさせていただく場合がございます。

日時 2016年6月27日(月)
時間 9:00~15:00
会場 エグヴィヴ 
   小樽市忍路1-195
会費 4,000円
講師 株式会社ドンク 顧問 仁瓶 利夫 氏 
   ベッカライブロートハイム オーナーシェフ 明石 克彦 氏

第二部 食べて楽しむ会

<定員30名 他にロデヴ委員会より10名>
どなた様も参加可

日時 2016年6月27日(月)
時間 16:00~18:30
会場 北海道大学 忍路臨海実験所
   小樽市忍路町1-460
会費 3,500円


受付開始 5月19日(木)9時より
今回は定員の関係でご予約は先着順とさせていただきます。

ご予約が確定した方には折り返しご連絡いたしますので、ご連絡が届いた後に会費をお振込み願います。

申込み方法等は以下のPDFパンフレットをご覧ください。

アルティザンブーランジェコンクール・北海道2016本選【後編】

表彰式

コンクール実行委員長 丹野 隆善氏のご挨拶
北海道農政部 食の安全推進局 6次産業化担当課長 河野 秀平氏のご挨拶
北海道製粉工業協同組合理事長 安孫子 建雄氏のご挨拶

【審査員】

 審査員長        仁瓶 利夫(株式会社ドンク 顧問)
 審査員    明石 克彦(有限会社ブロートハイム 代表取締役)  
        西田 純司(日仏商事株式会社 取締役兼ゼネラルマネージャー)
        山﨑 隆二(株式会社カネカ テクニカルアドバイザー)


【部門賞】

バゲット最優秀作品 渋谷英樹賞
澤渡 祐介  株式会社 ドンク 

パン・スペシオ最優秀作品 北海道知事賞
大橋 哲雄  マンダリンオリエンタル東京 株式会社


ヴィエノワズリー最優秀作品 北海道知事賞
澤渡 祐介  株式会社 ドンク 

【総合賞】

最優秀賞
澤渡 祐介  株式会社 ドンク
       
優秀賞
大橋 哲雄  マンダリンオリエンタル東京 株式会社
   
J.P.B友の会賞
井藤 康平  株式会社 アンデルセン

一般財団法人藤井幸男記念・教育振興会賞
奥 裕樹   ブーランジェリーベルドール


日本フランスパン友の会賞
髙栁 太志  日本甜菜製糖 株式会社

審査員特別賞
境 智崇   株式会社 シベール
      

副賞授与

株式会社 山本忠信商店 専務取締役 山本 マサヒコ氏より
ビクトリノックス・ジャパン  石渡 尊氏より

ホクレン農業協同組合連合会様より


カネカ食品株式会社 札幌支店長 石澤 隆一氏より


審査員長 仁瓶 利夫氏よりご挨拶


選手作品

澤渡 祐介氏


大橋 哲雄氏


井藤 康平氏


奥 裕樹氏


髙栁 太志氏


境 智崇氏

祝賀会


 

予選を通して、このコンクールにエントリー頂きました選手の皆様、お忙しい中予選、本選と審査頂き、本選の際は当日販売用のパンを道産小麦で焼いて下さった審査員の皆様、また準備段階から何度も打ち合わせにご参加頂き、当日もそれぞれの担当で最後までお手伝い頂きました実行委員の皆様に対して心より感謝申し上げます。


なお、今回札幌在住の写真家でパンコーディネーターのやもとかおる氏のご協力を得て今回のコンクールの全容がわかる動画が完成しました。是非ご覧下さい!!!

【協賛企業・団体】(五十音順)

アグリシステム株式会社
池伝株式会社
江別製粉株式会社
カネカ食品株式会社
木田製粉株式会社
桜井通商株式会社
J.P.B.友の会
タカナシ販売株式会社
株式会社中村商店
日仏商事株式会社
日清製粉株式会社
日本製粉株式会社
日本甜菜製糖株式会社
日本フランスパン友の会
橋谷株式会社
一般財団法人藤井幸男記念・教育振興会
ホクレン農業協同組合連合会
北海道産小麦消費拡大モデル実行協議会
株式会社山本忠信商店
横山製粉株式会社

【サンプル提供会社】 

製粉会社(五十音順)
 アグリシステム株式会社 
 江別製粉株式会社  
 木田製粉株式会社 
 日清製粉株式会社  
 日本製粉株式会社 
 株式会社山本忠信商店
 横山製粉株式会社
 
イースト製造・販売会社(五十音順)
 株式会社カネカ
 日仏商事株式会社
 日本甜菜製糖株式会社 

【主催】

アルティザンブーランジェコンクール実行委員会

【後援】

北海道、北海道経済連合会、札幌広域圏組合、北海道新聞、北海道製粉工業協同組合、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ、UHB北海道文化放送、TVhテレビ北海道

【事務局】

ベーカリークラブN43°

アルティザンブーランジェコンクール・北海道2016本選【前編】

2016年3月9日(水曜日)アルティザンブーランジェコンクール・北海道2016本選を
札幌スイーツ&カフェ専門学校で開催致しました。



本選前の準備には札幌スイーツ&カフェ専門学校の生徒さんにお手伝い頂きながらのカフェメニューの準備や審査員の皆さまによる限定パンの販売の準備が行われ、珠玉のパンが次々と焼き上げられました。






仁瓶氏のアンズとクルミのパン・リュスティック


明石氏のPain de Seigle


西田氏の低温長時間熟成 タバチェ


山﨑氏のフォカッチャ


カフェコーナーでは製粉会社7社による北海道産小麦を使ったパンに北海道産のはちみつ・バター、プレートランチをたくさんの方にお召し上がり頂きました。
協賛会社による展示スペースでは各社展示品の説明や試食を行って頂き、
審査員によって焼かれた道産小麦を使ったイベント限定のパンの販売や
コンクールの記念グッズの販売等もあり、たくさんの方に楽しんで頂きました。
休憩スペースではカスクルートやパンペルデュを販売


本選会場には300人を超えるお客様にご来場頂きました。
6名の選手による規定作品の製造過程の見学では、前回のコンクールで最優秀賞を受賞された帝国ホテルの二宮 茂彰氏の解説を伺いながらのガイドツアーも行われました。





          

プレゼンテーションでは6名の選手にパンの説明をして頂きながら、
皆さまに焼き上がったばかりのパンを試食して頂きました。
  
プレゼンテーションの裏では審査員の皆さまにより、厳正な審査が行われました。
後編へ続く